LOG IN

愛されてる。

by みさとん

”愛されてる”ってどんなときに感じる?

「好き」って言われたとき。
好きという単語じゃなくても、言葉で愛情表現をされたら確かに愛されてるって感じる。

特に女の人は言葉を欲しがる気がする。
とってもよくわかる。わたしも”言葉”が好きな方だから、愛情表現に限らず褒めたり嬉しい感情をストレートに伝えられると嬉しい。


もっと言うと、
私は人の気持ちを推し量ろうと海底に潜るように深く考えてしまう人で。
おかげで酸素を吸いに戻ってくるまでに時間がかかる。”答えはその人にしかわからないから”と、割り切る境地にたどり着くのにだいぶ時間と労力を使ってしまうみたい。
だから言葉のない空間は苦手なのだ。

だけど、言葉じゃなくても愛されてるって感じるときってあるよね。相手の行動とか態度で大切にされてるなあと感じるとき。
薄っぺらくない、愛情を感じる。


電話越しの相手の体温とか

優しい瞳とか

ふっとみせる大人な横顔とか

ケラケラ笑う笑い声とか

私の知らない私のことを考えてる時間とか


言葉じゃなくても伝わってるよ。

だから私は、
心から”ありがとう”を言えるんだ。
だから私は、安心して笑えるんだ。


きみも電話越しに切ない瞳をするときがあるのかな。やっぱり私は、きみの悲しそうな瞳を見たら優しく笑って抱きしめられる自分でいたい。そこだけは、何年経っても変わらずに自分の中に柔らかい武器を持っていたいな。


やっぱり言葉じゃなくて全身で、その人自身で相手に愛情を伝えられる人ってすごい。それをまっすぐに”愛”として汲み取れる自分も、嬉しい。


「がんばれ。」


あんなに優しくてまっすぐなエールを
送られたのは初めてかもしれない。


応援するときってスタートラインや沿道で
相手の背中を見送ったりするけど
違うね。



きっと、一緒に走ってる。


だって

まだまだ道の途中で、
まだまだ線の上だもん。



「一緒に、がんばろうね。」


疲れて頑張れないときは、
帰ってきてもいいかな。


そのときは、


”ただいま”って帰るから

”おかえり”って笑ってね。


いつでも帰る場所があるから思いっきり
チャレンジして失敗すればいい。

がんばろ。


みさとん
OTHER SNAPS