LOG IN

ちょっと早い五月病。

by みさとん

認めたくない。
いや、認めざるおえない。


…。やばい。
久しぶりに、病んでるぞ自分。


4月からスタートを切って早1ヶ月。
バイト、バイト、バイトの毎日。
旅がしたい。行きたい場所のために働いてるんだからしょうがない。と言い聞かせていたけれど"なんか違う"が拭いきれない。

気分を変えたくて、髪を切った。肩について毛先が跳ねる感じが気に入ってる。
気分を変えたくて、メイクを変えた。お気に入りの色をまぶたに乗せると、ちょっと気分がピンクになる。


でも、それでも変わらない自分。


学校がなくてみんなと話せないから。
忙しそうで友達を遊びに誘えないから。
旅のためにバイトしないといけないから。

"つまらない"

うわ。恐ろしい…

完全に周りのせいにして何もやる気が起きないただのダラダラ生活をしているクズ人間じゃん。

挙げ句の果て体調を崩しまくってお医者さんにあなた何回目ですかと言われるんじゃないかとビクビクしながら病院の椅子でこれを書いているという情けなさ。さりげなく熱だしてるし。親には寂しんぼう病か!と突っこまれる有様。そして咳が止まらなすぎて腹筋が筋肉痛になるくらい体調が悪いです、今。


"自分、めちゃくちゃダサい。"


やろうと思えばいくらでも面白くできるのに。
やることなんて無限にあるのに。

苦しかったら助けて欲しいって言えばいい。今更、誰に何の気を遣ってんだ。そんなのは気を使ってるのと違う。強がって心身体も弱くなってるすごくダサい奴だ。


ということで、動きます。
呆れられるくらい動く、いつものわたしに戻りたい。"苦しい"ってきみに助けを求めたときはどうか優しく話しを聞いてやってください。

早く風邪、治します。

ちょっと早い五月病。

脱出するよ。


みさとん
OTHER SNAPS