LOG IN

青空と雲のあいだ。

by みさとん

6月が一日一日と過ぎていく。

4月から新生活がスタートして2ヶ月がたったということ。今は"あいだの時期"だなとつくずく思う。

学生と社会人のあいだ。
旅の資金を貯めているあいだ。
夏と春の、あいだ。

そんなふうに意識したのは、最近昔を思い出したり未来を考えたりする時間が多いからだ。何か新しいものを吸収しようと動き回るというより、昔のアルバムを一枚一枚めくっては未来に空想を広げる。

空想だから、考えてどうしようと悩むのとは違う。もっとふわふわした、色も形もない雲みたいなもの。

小さい頃はどうだったとか。
あのときはこう思ったとか。
結婚してるのかなとか。
仕事はどうしてるのかなとか。

何かにまっしぐらで忙しいときは雲のことなんて考えず青空と太陽ばかり目指して頑張るけれど、今は雲にばかり目がいく。要は考える時間があるっていうこと。"あいだ"なのだ。良くも悪くも。

昔のことは、今に繋がっていてその先の未来にも繋がってる。たとえ今、納得のいかない過去があったとしてもそれはそれでいいのだ。"今が全てじゃない。"

過去は変えられないけれど、気持ちの面ではなんとでも変えられる。

自分が学び成長することで、過去のことを水に流せたり、当時はわからなかった相手の本当の真意がやっとわかったり。

そしたら、思い出したくもない過去にもそっと想いを馳せるくらいの余裕もでてくるかも。


未来。
今考えてるやりたいことを描くと、いろんな変化と葛藤が待っていることが目に見えてわかる。あと5年後だってどこで何してるかわからない。ましてや10年後…

今の自分とはすっかり変わってしまっているかもしれない。でも、変わらずに持っておきたいものもある。私自身の性格とか、周りの友達とか。だから、自分にとって大切なものは何か人生に一緒に連れていきたいものは何かをちゃんと知っておかないと空っぽな人になっちゃう。その積み重ねが"芯"になっていくんだから。


5年後10年後、また雲を考えるときはどこで何をしているだろう。何を大切にして何を見て、何を想うんだろう。

誰と出会い、何を感じ、どう選択するんだろう。

怖がらなくてもいい。だって世界は、こんなにも広いんだから。


みさとん
OTHER SNAPS