LOG IN

Life is a journey

by みさとん

旅が好き。
そう言うと、同期の子にこんな素朴な質問をされた。

「旅って何するの?」

確かに、旅行がパックで行くものだとしたら旅ってなんだろう。
一人で行くから旅?バックパックで行くから旅?遠出するから旅?

全部合っているしでも微妙に違う。

私の中で”旅”とは、定義のないもの。

定義するにはもったいない。
なんでもあり、なんでも可能で、自分なりに自由自在なスタイルにできるものが"旅"だと思ってる。

一人でも二人でも、バックパックでもキャリーケースでも、近場でも遠出でも、その人が”旅”だと思えばそれはもう、正真正銘な”旅”だ。


それでも私の旅には”テーマ”を設けている。

『絶景』と『人』。

まだ見たことない景色を見てみたい。
出会ったことのない人に出会ってみたい。


私が初めて、"旅"と胸を張って出発した日、バックパックいっぱいにこの想いを抱えて踏み出した。
それは今も変わらない。好奇心だけでどこまでも行ける。なんでもできる。その可能性だけを信じてる。


綺麗な景色を目的地に地元の人と交流をしながら、思い出をより濃く、濃く。

それが私にとっての最高の旅だ。


Life is a journey.人生は旅だ

よく聞くフレーズだけど本当にそう思う。旅に定義が無いように私にとって人生にも定義が無い。

「これこそが正しい道!」なんてものはなくて、

好きなようにやりたいように、人生は自分のスタイルに合わせて自由自在に変えていけるもの。生きる目的や生きている意味なんて人から押し付けられるものでも無いし教科書に載っているものでも無い。

定義なんてもったいないくらい、この世界は自由に溢れている。特に、戦争もなく階級もなく差別も少ないこの日本に生まれたわたしたちは、言い訳なんてしていないで、死ぬ気で努力すれば何でもできる環境にあるのは間違いない気がする。


大学生活で一番学んだこと。
”人生は、十人十色で多種多様。勇気や覚悟があれば自分が望むことは絶対に実現可能なんだ”ということ。

多くの行動する社会人を見て、旅をして、わかったことだ。

ハプニングに遭って、それも面白おかしく乗り越えて、そこから新しい出会いもあって、挑戦して辿り着いて自信がちょっとついて笑顔になって。

そんな繰り返しは誰のものでも無い、自分だけの物語だ。

遠い先の音に一生懸命耳を澄ましても何も聞こえないように、これからの未来は自分がどんなふうに歩むのかなんてわからない。聴こえるのは、今自分が歩いているこの靴の足音だけ。

先の音なんて、聴こえなくていい。
地図なんて、なくていい。

迷い込んだらからこそ見える景色があるし、迷い込んだからこそ出会えた人もきっといたはずだ。

自由自在に、自分のスタイルを変えていけ。
言い訳してたら、何もしないでいつの間にか、

旅は終わっちゃうぞ。


みさとん
OTHER SNAPS