LOG IN

空と海と、好きなこと。

by みさとん

久しぶりの、海。

足首に当たる波がくすぐったい。
足の裏にはゴツゴツの砂と石。

海に入るときは
進む一歩がちょっと怖い感触だらけ。

それでも友達と一緒に笑みがこぼれるのは、海が好きな証拠。


ウェットスーツを着て、サーフボードに寝っ転がる。


波と一緒に海に溶け込む自分に。

大好きな広い空を眺めているときに。

バランスを崩してばっしゃーん!大きな音を立ててずぶぬれの自分に。

サーフボードの上でバランスを取りながらなんとか岸までたどり着けた瞬間に。


笑みがこぼれた。

思わずこぼれた笑みは、嘘をつかない。

見つけた。
自分の好きな瞬間。好きなこと。


閉塞感や息詰まりを感じながら毎日同じ生活を送っていると自分の心はどんどん濁ってしまう。
そんなときは、自分が思わず笑みがこぼれることをしてみたらいいのかもしれない。


余計なものが剥がれ落ちてどんどん透明な自分になっていくのが、わかる。


自分の"好きなこと"に気づけると、生きることがずっと楽になる気がした。

あとは"好き"に素直に生きるための少しの勇気を持つだけ。
大丈夫。あの海に入る最初の一歩目は、怖い感触だらけだけど波のくすぐったさと石のゴツゴツなんてすぐに乗り越えられるよ。

慣れてくれば、むしろ愛おしいかもしれない。



空と海を見ていて気づいたこと。

わたしは将来、ちょっとの勇気を出して都会から30分のこの街を飛び出したい。



そして広いといつでもが見える街に住みたいな。


みさとん
OTHER SNAPS