LOG IN

"舟を編む"を観たあとに。

by みさとん

空をどこまでも広く見せるのは、雲だと思う。

空に手が届きそうなのも雲のおかげだと思う。

この世界の共通言語は
英語じゃなくて笑顔だと思う
高橋優 福笑い

"笑顔"を歌にするとこんなにココロが笑うんだ。この時間の、この空とこの歌が、好き。

夕日は沈んでいくから好きじゃない。そう言うきみは、朝日は登っていくから好きだという。

迷いなく登る朝日を見てきたからなのか。そう感じる瞳が好きだった。

いつだったかきみが送ってくれた朝日の写真は本当に綺麗だったから、あなたはあなたの「好き」を大事にしてね。


何もない今が全てだと感じられるこの空気が、世界で一番優しく感じるから
わたしは夕方が好きだ。

月。雲の形。昼と夜の真ん中。
空を龍が泳いでるみたい。


こんなどうでもいいことが、ふと頭に浮かぶ時間って、大事だなと思う。

自分が透明に、生きるために。
誰かを黙って、愛すために。

雲と空のグラデーションは、頭の上の物語り。すぐに形を変えてしまうから、"今"見上げることに意味がある。


"舟を編む"を久しぶりに観た。「言葉」と「愛」が純粋に滲み出てるからこんな日常があったらいいなと憧れる。人間を愛おしくさせるこの映画が好きだ。


誰かを愛したいと思えるのは、

言葉を一緒に、紡ぎたいから。

"すき" 

この響、綺麗だね。


映画も読書も、料理や写真も。
誰かと一緒に何かを奏でる音となれ。
隣にいて欲しいと、愛したい。

7月が終わる、空の色。


みさとん
OTHER SNAPS