LOG IN

世界中の人の夢を聴きながら旅をする*私の夢*

by みさとん

「夢」


幼いころからこの言葉が好きだった。
青空いっぱいに吹き渡る、透き通った虹色の風みたい。ただそこにあるだけで、わたしは前を向いて素直になれた。


大学3年生になって迎えた、リクルートスーツに黒のハイヒール。”夢”なんて言葉とは一番かけ離れた場所で、目の前の未来を見つめる私たちに、違和感を覚えた。

どうしてこんなにも押しつぶされそうな気持ちで未来を見つめなければならないのか。そんな空気の中で就活をすることが、何より苦しかった。


"それが当たり前。それが現実。”

そんなの、嘘だと思った。


色んな生き方があること。
それは挑戦する価値があること。
世界は自分が思っているより広いということ。


”当たり前”という勘違いを、変えたかった。

一人一人が、どこまでも透き通る虹色の風で自分自身を染められたら。未来にワクワクすることから始められたら。

いろんな色がまっすぐに伸びる世界が、できる気がした。


それなら私は目の前にいる困っている人のとっておきの色を引き出すお手伝いがしたい。どこまでもまっすぐ伸びていいんだと、伝えたい。


”社会人になることが楽しみになる学生を、一人でも多く世の中に送り出す”
そんなキャリアアドバイザーになるのが、

わたしの夢だ。


それも、私なりのやり方で。


旅が好きだ。


世界には色んな価値観を持った人がいる。肌の色、言葉、宗教、文化すべてが違うのだから当たり前だ。その姿に救われることもあれば呆然とすることもあるだろう。

そして思う。この世界は意外と、何でもありなんだと。


なら、やりたいことをやってみよう。
きみの常識は世界の非常識かもしれないし、地球の裏側の人の悩みは君の答えかもしれない。

伝えたい。”こんな生き方があってもいいんじゃないか”と。


だからわたしは、世界中の人の夢を聴きながら、世界を旅することにした。


夢はその人自身。価値観や生き方がそのまま映る、一番わかりやすいものだから。


それを発信することで、その経験を仕事に活かすことで、私と関わった人が少しでも”明日も頑張ろう。これから頑張ろう。今の自分でいいんだ。”そう思えたら。


誰かの夢は、誰かの夢のきっかけになる。


そうやって、一つ一つ違う色の夢がいくつも合わさったとき、一人一人が輝く綺麗な虹になるんだ。

虹色。いい社会。


夢で、人生に彩りを。

だからわたしは、何年もかけて世界中の人の夢を聴きながら、毎日経営者や学生と向き合う仕事をする。


そしていつか、
夢と人と絶景が詰まった写真展を開きたい。
夢と人と絶景が詰まった本を書きたい。


誰かの夢は、誰かの夢のきっかけになる。
わたしがその懸け橋になるよ。


*世界中の人の夢を聴きながら旅をする*
NexTrip 8.31~
ドイツ➡モロッコ➡スペイン➡フランス


旅するキャリアアドバイザー
これがわたしの、夢だ。


みさとん
OTHER SNAPS