LOG IN

君と一緒に見る風景は。

by みさとん

新しい世界に飛びたとうとする私たちは、夢見るひよっこみたいだね。


色んなこと、世の中の全てをまだ知らない私たちは、想像の世界をあっちへこっちへ駆けずり回る。


こんな風に飛びたい!あんなところに行きたい!そんな期待に笑顔になるときもあれば、


"本当に、大丈夫かな?"


途端に曇る、ときもある。


自分が選んだ道は、きっと運命なんだと思いたい。一度しかない人生なら、思い切り羽ばたきたいと意気込みたい。

そう思って決めたこの道に、気がつけばたくさんのひよっこ達が。


それぞれが抱える、ココロの真ん中のぎゅっと抱きしめたい想い。それを認め合い、笑顔でときには涙で、語り合えたらいいね。


1人じゃできそうにないのなら、
一緒にやろうよ。

まだやったことがないのなら、
これからやってみようよ。

一人一人が纏う色。
それを、誇りに思って。


わたしはきみと、見たい風景があるんだ。


自分の色をまっすぐに伸ばして。どこまでも、まっすぐに。その隣に、わたしはわたしの色をまっすぐに伸ばすよ。

1人ずつ、仲間は増えて、隣にも、隣にも。するとどうだろう、綺麗な虹が私たちらしさになるのかもしれないね。


簡単なことじゃなくていい。苦しんだって、泣いたっていいんだ。それに、怖がったって不安になるのも当たり前。


虹はね、雨が降った後にしか
でないんだよ。


君と一緒に見たい風景は、きっとそんな泥臭さが混じった綺麗な虹なのだろう。


"変わらないもの" 


それを、ゆっくり築きたい。

君と出会えたことを、運命なんだと、思いたい。

世の中には、たくさんの仕事があってたくさんの働く人がいる。きっと、誰とでもそれなりにこなせるだろう。だからこそ、


そんな世の中だから、こそ。



"一緒に夢を追うのは、きみとがいい。"


みさとん
OTHER SNAPS