LOG IN

出逢えたことが、人生で最も美しい。《モロッコ・トドラ渓谷》

by みさとん

わたしが見たかった景色とこの国の人々に見せてもらった景色。どちらが綺麗だったかと問えばわたしは後者を選ぶだろう。


何層もの地層が重なりそびえ立つ渓谷。空に届けとばかりに高く圧倒的な渓谷を見上げては、自然とみんなに笑みが溢れるから地球が生きている鼓動を肌で感じることができた。


話す言葉も肌の色も、生活も何もかもが違うあなたと一緒に、

笑うこと。
幸せになること。

それは、


とてもシンプルに叶う幸せだった


一緒にボールを蹴って
一緒にご飯を食べて、
一緒に音楽に合わせて踊るだけで


感じるココロの、絶景。


あなたは幸せ? みんなは幸せ?


きみが何度も何度もそう、笑顔で聴いてくれるから、わたしは涙がこぼれて仕方がなかったよ。


みんなが幸せであればいい。


その響きを "優しさ" なんて言葉でくくってしまったらどうしてもこの国の人達の温かさは伝わらない気がした。


みんなが幸せになるために、
誰かを笑顔にするために、
自分が笑顔でもてなすこと。


それは自己犠牲や気遣いでもなんでもない。自分が幸せに生きることはまた誰かを幸せにする。


素敵なココロの、繋がりだった。

真夜中の渓谷の中歩く。

川の岸辺に腰を下ろせば、あるのは無数に地球を照らす星と、吹き抜ける風。私たちの歌声ときみが叩く太鼓のリズムだった。


くしゃくしゃな笑顔と一緒に涙が頬を伝うとき、生まれて初めて生きていることに感動した。


生きることが辛いと思ったこと。
何のために生きていくのかと絶望したこと。

それでも生きていることは素晴らしいと強く思えたのは、きみと出会えたからだよ。


私は、人に出会うために生まれてきた。


旅をして、
日本と遠く離れた場所から
会いたいと思った人。


旅をして、
その土地の一期一会で出会った人。

さようならは必ずあって、それがどんなに辛く悲しくても、私は人と出会うことで誰よりも輝く。それが、生きる理由だから。


ありがとうの言葉じゃ伝えきれない想いは涙と笑顔になって溢れるから、きみは優しく笑ってわたしの頬の涙を拭ってくれたね。


それは、

貧しさや不便さとは一番遠く離れた場所の物語。


自分が幸せになることは、この世界で一番の優しさになる。この国の人たちが教えてくれた、絶景だった。


みさとん
OTHER SNAPS