LOG IN

月が照らす秋空の雲

by みさとん

自転車を家の玄関に停め、ふと見上げると月明かり。丸くて白い月は、高く澄んだ鱗雲を照らしていた。


鱗模様の秋空と金木犀を照らすのは、月。


秋空、感じてますか?

金木犀の香りは、好きですか?


こんな風に誰かに語りかける夜があってもいいと思う。

空と月と消えそうにこびりつく金木犀の香りに放った甘い視線。


時間は流れる。
それと共に意味や価値も
変わってくるからね。


大学生活最後に取った初回の授業で先生がぽんっと私たちに伝えた言葉。この瞬間だけで、この先生の授業を取って良かったと思える。私の価値観や意味づけも少しずつ変わってきているようだ。


秋が好きだと思う初めての年。鱗雲と月明かりに心が奪われる初めての年。


少しずつ変わっていく、私。秋が好き。


みさとん
OTHER SNAPS