LOG IN

泣きたくなるくらい後悔する、大好きなもの。

by みさとん

ぎゅるるるるるる。

出発を前日にいつものがやってきた。


南米ボリビア、ウユニ塩湖。明日からあの天国のような他の惑星に来てしまったかのような奇跡の絶景を見に旅をする。


そんなことをぼんやり撫でながら毛布にくるまった。分厚いカーテンの向こうから青空が眩しい。素敵な一日を!とばかりに太陽の光が漏れていた。そんな明るい誘いを振り切るようにいつまでもダラダラと布団に潜る前日の朝。


いつも通り直前まで準備をしていなかった。していない、というよりしたくない。が本音だろう。


ああ。どうして20時間も飛行機に乗って10時間も夜行バスに乗ってあんなところまで行かなきゃいけないんだろう。

死ぬまでにやりたいこと100、
「誕生日をウユニ塩湖で迎える!」を叶えに行くというのに。ワクワクはおろかクローゼットの奥から久しぶりに手に取り抱きかかえる45ℓのバックパックに泣きそうになった。


緊張しているのだ。


いくら周りに羨ましがられようが自慢しようが旅が好きだと大声で言おうが、いつも出発前は不安で不安で仕方がない。


口癖のように言っている
「なんとかなる」は、
本当になんとかできるのだろうか。


緊張でお腹を下し手に汗握って足元に散らばった荷物にいつもいつも旅に出ることを後悔する。

そもそもおっちょこちょいで、時間もお金も管理が苦手で計画も立てるのが下手で英語も話せないし旅が苦手な性格なんだとつくづく思う。


ボリビアは治安が悪いらしいけど大丈夫かな?英語が通じないらしいけど・・盗難がよく出る宿があるらしい。ご飯は美味しくないみたい・・高山病にかかったら死に至ることもあるの・・・!?


調べれば調べるほどに不安でお腹がぐるぐると唸る。


本当に、大丈夫だろうか?
全部乗り越え、
きちんと帰ってこれるだろうか?


旅が好きだ。今まで何カ国も旅してきた。それでも、どうしてもこの不安と緊張と心配性は治らない。


だからこそ何度でも踏み出すこの一歩がやみつきになるのかもしれない。怖くたってなんだって、今、旅に出なきゃいけない。自分が自分であるために。



今からきみに、行ってきますを言うよ。
笑顔でただいまを、言うために。

みさとん
OTHER SNAPS